ポケモンGOでも大活躍のAR技術とアダルトVRフェスタのレポート

アダルトvrフェスタ

こんにちは。みるくです。今回は「アダルトVRフェスタ」に行ってきましたのでそのご紹介です。

ポケモンGO上陸で盛り上がるAR技術

2016年7月22日、ついにポケモンGO!が日本に上陸しましたね!

7月22日は小学生の夏休み開始日ということで、社会に配慮しているんだと思いますが、フェイスブックでは大人達が、サーバーが混んでいてログイン出来ないと一喜一憂しています。

しばらくは大人も子供も熱狂しているでしょう。

 

うちの旦那もゲームが好きなので、やっていると思いますが、無料アプリなので多めに見ようと思います(笑)

普通は付属ツール(専用コントローラーなど)が高いのですが、今回は任天堂さんの力で3500円くらい位で「ポケモンゴープラス」というコントローラーが買えるようなので、スマホを常に見ていなくてもポケモンがゲットできるなら、私もやりたいなと思っています。

 

ところで、このポケモンgoは拡張現実、AR(Augmented Reality)を利用していて、画面を見ると現実世界の風景にポケモンが居たり、現実世界を歩き回ると画面の中の風景も移動したり、と、今まで画面の中で楽しむ物だったゲームが、現実世界にリンクしているところに新鮮さがありますよね。

 

それに対してVR (Virtual Reality)という人工的に感覚を刺激して、現実感を出す技術があります。

ARがまだ現実と繋がっているのに対して、VRは視覚、聴覚、嗅覚、触覚などを完全に占拠して別の世界を作る事が出来ます。

 

アダルトVRフェスタに行ってきました!

今回は、そんなVR技術とアダルトビデオがコラボした、「アダルトVRフェスタ」に行ってきましたよ。最先端のアダルト×テクノロジーをご覧下さい♪

vrfesta1

というわけで、また秋葉原にやってきましたよ♪

vrfesta2

今回の開催地はビルの4階だったのですが、開始1時間前に行くと、もう階段には1階までの列ができていました。ゲームのVRはイベントなどで良くあるのですが、アダルトVRを「体感」出来る機会はなかなかないですもんね!
メイドさんがチラシを配っており、中には男の人がいっぱい。

vrfesta3

沢山ブースがあったのですが、かぶっているものもあるため、今回はベスト3に絞って紹介させて頂きますね♪

 

中学生、高校生のあなたにオススメなのは・・・

「アダルトVR×腹筋、エクササイズ!」

アダルトVR自体18禁なんじゃないか?と思ったあなた、こちらをご覧下さい!

vrfesta4

安心してください、履いてます!

 

エロではなく、腹筋に役立つセクシーコンテンツですね。

vrfesta5

手前の男性は、腹筋マシーンを両手で持って、映像を見ています。

パソコンの画面には男性が見ている画像が表示されています。

 

画像では、アニメ絵の女性が、短めのスカートをはいて、膝を立てています。

腹筋マシーンで近づくと、パンツの中が見えてきます!

vrfesta6

「ほら、もうちょっと、もうちょっと!」「がんばれ!」

 

と、可愛らしい女性の声が応援してくれます。

vrfesta7

効いている態勢になると、パンツの下に手が位置するようになっています。

パンツの下に手を入れるためにも、毎日腹筋を頑張れそうですね!

 

女性だと、ヨガのポーズをするたびにトレーナーの男性とハイタッチしてもらったり、おっぱいを一緒にマッサージしてもらったりするエクササイズに役立ちそうです。

 

VR装置をつけて、横になり、イケメンや美少女と添い寝していちゃいちゃしたりする事も出来そうですね。

まだ童貞、処女のうちに、甘い妄想を膨らませて、身体を鍛えてくださいね!

 

大学生のあなたには・・・「アダルトVR×オナニー」

普通じゃん!アダルトビデオで十分!などの声が聞こえてきそうですが、いやいや、アダルトVRは実際体感すると、想像を超えた感動がありますよ!

こちらが市販用のVR機器と、VRアダルトビデオです。

vrfesta9

パッケージを見ると通常のアダルトビデオと変わらないように見えますが、カメラ=自分の目になり、360度で映像を体感することになるので、自分の目の前にお尻やおっぱいがあったり、下を見ると自分の性器が舐められている、というような臨場感があります。普通のアダルトビデオは女優がセックスしているのを見るのですが、こちらは女優と1対1で向き合うような映像が多数収録されています。

 

女性の私でも「わ−!女性に舐められてる!」「わー!目の前で男性と女性がセックスしている!」とドキドキしたので、これで勃起しない男性はいないのではないかと思います。

 

VRを3Dと同じように考えていましたが、顔を下に向けると自分の身体の方が見えたり、しゃがんで女の子のパンツをのぞくことが出来たりと、自分の身体の動きに合わせて映像が動くのはとっても楽しいです。

vrfesta10

装着画像:耳までフルに装着すると、ロボコップみたいな外観になります。

vrfesta11 vrfesta12

乳首バイブレーターと、電動オナホール。

将来的に、画像と連動して動くようになるかもしれませんね。

 

3次元のアダルトビデオを、3次元で楽しむというこの方法の他に、

2次元のアニメのキャラクターとダッチワイフをリンクさせて、

2次元の女の子と3次元でセックスできるところもありました。

vrfesta13

ちょっとビジュアルは凄いのですが、2次元の画像でオナニーをしている男性は少なくないので、多くの方が興味がある技術ではないでしょうか?

 

そのうち「VR×風俗」で、作られた映像を見ながら生身の女の子の身体でセックスするお店も出るかも知れませんね。

 

OLのあなたにオススメなのは・・・「アダルトVR×扇風機」

私が今一番欲しいのは、この機器です。

車で時速60kmで走っている中で、窓から手を出して感じる風圧がCカップのおっぱいと同じだと言われていますよね。

この機械はそれを利用し、箱の中に手を入れると、手のひらの中めがけて風が吹いておっぱいを揉んでいる感覚が体感できます。

vrfesta14

秀逸なのが、ちゃんと揉む動きに合わせて風が吹くということ。

手を入れたら風が吹くのとは違うので、揉んでいる感触を楽しむことが出来ます。

 

中にはカメラがあり、自分の手の動きと風の強さを見ることができます。

vrfesta15

パソコンショップやエムズなどのアダルトグッズショップには「おっぱいマウスパッド」という、おっぱいの部分がシリコンなどで立体的に作られていて、ちょっと仕事の合間におっぱいでも揉みたいな、という時に役立つマウスパッドが売られていますが、この風圧おっぱいは風なので、儚さがあるんですよね。「ああ、実体がないんだ」と思いながらおっぱいを揉むのはいかがでしょうか?

 

出展者の方に、

「これからどんどんVRは作られるんですか?」

と訊いてみたところ、

「技術的には可能なんですが、動画のデータ量が多くなるので、撮影、編集に高度な機器が必要になり、コストがかかりますよね。お金にならないと作る事が出来ないので、皆さんがどれだけ買ってくれるかにかかっていますよ」

ということでした。

 

 

コストかぁ、買うかどうかはリリースされている女優さんの知名度によるかもなぁ、と思いましたが、こちらのブースの、リアルタイムで女の子とイチャイチャ出来る企画には可能性を感じました。

後ろの小部屋に、この黒いドレスの女の人が居て、カメラに向かってパンチラなどをしてくれます。ニコニコ生放送などでニコ生主と交流するのに良いと思いませんか?

vrfesta16

個人的には、こういったライブ配信の中でVRが普及していく可能性を感じたので、今後もこのVR技術を使ったコンテンツは増えていくのではないでしょうか。

 

まとめ

ポケモンgoもこういったカメラをつけてポケモンゲット出来るようになったら・・・もう現実世界に戻れないかも知れません笑

楽しくテクノロジーと付き合って行きましょう!