セクシーランジェリーの種類5つ!ベビードールやガーターベルトなどの下着

sexy-shitagi-1

大学生の頃、女性向けの下着の販売をしていました。

その時は、ブラとパンティしか知らない状態だったので、大人の女性の下着の多彩さに舌を巻いたのを覚えています。

20代後半でいろいろな経験を経てきた今は、夜のおしゃれは、大人の遊びの一つだと思えるようになりました。

単調な衣装だけでなく、セクシーな衣装を取り入れることで、非日常な時間を演出できます。

ぜひ、生活に取り入れてみてくださいね。今回はブラとパンティ以外の女性下着の種類と使い方をご紹介します!

1.ベビードール

キャミソールが長くなった、ワンピースのような形をした下着です。

今、若い女性の夜の衣類を探すのに最も適した言葉はこちらでしょう。

デザインは可愛いものからセクシーなもの、コスプレ風のものまで多種多様で、クオリティもペラペラの透けるものやしっかりした寝間着になるものなど、幅広くあります。

私は1000円ほどの、透けるタイプのものをたくさん持っていて、セックス前の楽しい演出として着用しています。

形がいくつかあるので、簡単に分類してみますね。

オープンフロントタイプ

バスローブのように前があいているタイプです。

前から脱がすように出来ていると、男性に脱がす楽しみを与えることが出来ますよね。

下の部分もあいているので、そのままセックスすることができます。

タイトドールタイプ

身体にぴったり沿うタイプのベビードールです。

伸び縮みしない生地の可能性があるので、サイズをよく確認しましょう。

オープンバストタイプ

服の両方の乳房の部分に切れ目があったり、両方の乳房がでているデザインになっていて、着たままおっぱいを愛撫できるようになっています。

とってもセクシーで、男性も喜んでくれます。着たままセックスもできますが、破れやすいので、盛り上がってきたら脱ぐことをお勧めします。

2.ネグリジェ

ベビードールの豪華版のようなワンピース型の寝間着全般をさします。

17世紀にフランスで発明された、貴族の寝間着につけられた名前で、言葉が古いので、検索するといろんなものがヒットします。

セクシーランジェリーとしてだけでなく、単純に可愛い寝間着、お姫様気分の寝間着を探す際にこちらの言葉を使うとよいと思います。

セックスしやすい、袖のない脱ぎやすいものや、太ももを触りやすい、長すぎないものがお勧めです。

3.ビスチェ・コルセット

補正下着のように、身体を締め付けて美乳やくびれを作る下着で、見せるファッションとして成立する、レースやフリルの付いたカワイイものがセクシーランジェリーの1ジャンルになっています。

バストからお腹まわり(ウエストニッパーの範囲)をカバーします。

14世紀のヨーロッパでドレスの下に着るために作られた下着で、貴族の女性から中流階級、庶民まで広まり、20世紀半ばに活動的なファッションが流行するまで一般的に着用されていました。

私は着用したことがありますが、ファスナー、フックや紐で縛ることで体を締め付け、伸縮性がなく、着物よりも苦しく感じました。

ビスチェはおへそくらいまでの丈で、コルセットは骨盤くらいまでの丈を指します。

現代の日本のほとんどの女性は着用したことがないと思いますが、セクシーランジェリーとしては1つのジャンルを確立しています。

人形のような細いウエストとぎこちない上半身の動きが可愛さを演出すると思います。

ガードル、ボディスーツ、ガードル

ビスチェ・コルセットより緩やかで、補正下着として日常的に着用されるものです。

ガードルはパンティの形状でおへその上まであるタイプ、ボディスーツは競泳用水着のように上下がつながった形状の補正下着です。

ちなみに、補正下着で本当に美しい体が作れるかというと、補正下着は身体の血流を低下させてより太りやすい体になってしまうので、私は運動とストレッチでボディメイクをすることをお勧めします。

4.ガーターベルト・ガーターリング

「ガーター」という英国英語は靴下を止めるもの全般で、男性用商品にも使われますが、日本では女性用のガーターベルト、ガーターリングのことを指します。

上記1,2,3,と組み合わせて使用できる、セクシーで美脚効果が高く、安価で使いやすいおすすめのアイテムです。

ガーターベルトは腰回り)ベルトの位置につけ、紐状で先がクリップになっているストッキング止めが前に2本、後ろに2本ついています。

ガーターリングは太ももに着けるゴムの入った輪で、レースやリボンがついています。

どうしてこのアイテムが必要になるのかというと、まず、ハイヒールなど靴を履くときにストッキングをはきますが、膝上丈のストッキングを付けたいときに、とめるものがないと落ちてしまうので、ベルトで止めて上からつるすか、リングで押さえて固定することになり、そのためにこれらを使用します。

 

ハイヒールを履くときはパンティストッキングが一般的で、より実用的ですが、なぜパンティストッキングでなく、ガーターと膝上丈のストッキングを使用するかというと、太ももにガーターベルトやガーターリングがあることがとってもセクシーだからです。

ガーターベルトやガーターリングを着用する際は、ミニスカートやスリットがある服を着て、ガーターを付けていることをアピールします。

この紐の上に三角形のパンティがありますよ、今日はおしゃれな下着を付けていますよ、という強烈なアピールになります。

パリス・ヒルトンなどが普段着でも愛用しているため、見られると恥ずかしいような下着のカテゴリーより、ファッションの一部として見せていくのがとっても素敵だと思います。

とっても美脚効果の高いアイテムなので、デートに活用しましょう!

5.全身用タイツ

ボディタイツ(ボディストッキング)

バレリーナの衣服としてきちんとしたものもありますが、

ここではセクシーランジェリーとしての、全身を飾る用のタイツのことを指します。

肩ひもや袖のあるタイプ~下はつま先まであるのが一般的で、胸、ウエストのくびれ、お尻、足のラインなど、全身を浮きだたせます。

むちむち豊満なからだにぴったりです。

欧米でアダルトショップに行くと、セクシーランジェリーのメインになる程かなり一般的なものなのですが、日本ではあまり見かけませんよね。

私は大人な女性らしさが出てとっても素敵だと思います。

レオタード

これも体操選手やバレリーナの衣服としてきちんとしたものがありますが、上下がつながった身体にぴったりした衣服のことで、こちらは股周りがハイレグの形をしていて美脚効果が高いです。

あちこちくりぬかれたり、透けたりしているものもあり、セクシーさは満点です。

まとめ

ぜひ、セクシーランジェリーで気分を盛り上げてみてくださいね!