バススライムでラブラブ入浴 濃厚ローションに全身どっぷり!

自分に、彼氏に。

ローションを使っているとき、こんなことを考えたことはありませんか?

「このとろとろで全身を愛撫してもらえたら、気持ちいいだろうな…」
「ローションってすぐ乾く…いちいち足すのが面倒くさい!」
「なんでローションってこんなに冷たいの?スースーするんだけど!」

はい、ローション風呂なら全て解決します。

ローション風呂…

アダルトグッズにあまり縁がない方でも、一度は耳にしたことがあるのではないでしょうか。

今回はローション風呂ってどうなの?という方におすすめの『バススライム』という商品をご紹介します。

下準備から使い方、意外な注意点まで。バススライムのすべてをお伝えしますので、ぜひ参考にしてみてくださいね!

バススライムってどんな商品?

バススライムの概要

簡単に言うと、ローション状の入浴剤。

浴槽にお湯を張り、バススライムをしっかり溶かすと、粘度の高いねっとりとしたお湯に変化します。

肌にまとわりついてぬるぬる、とろとろ…。

まるでローションの中に全身どっぷり漬かっているみたいになるので、パートナーとのいちゃいちゃタイムに最適です!

香りは『ゆず』『ラベンダー』『ローズマリー』『ワイルドローズ』の4種類。

お値段も一本1500円前後と、ラブグッズにしてはお手頃なのが嬉しいですね。

バススライムの成分

でも女性としては成分が気になりますよね。

簡単に成分をご紹介します。

バススライム ワイルドローズの成分

  • ミネラルオイル
  • ポリアクリル酸Na
  • 香料
  • イソステアリン酸PEG-15グリセリル
  • スクワラン
  • モモ葉エキス

ポリアクリル酸Naは「増粘剤」です。乳液やクリームなどに使われ、乳化製品の粘性を高めます。

イソステアリン酸PEG-15は「乳化剤」です。水と油を混ざった状態にしておくことができる優秀な成分として、こちらもよく乳液やクリームに使われています。

その他のスクワランやモモ葉エキスは赤ちゃんのベビーローションにも使われるような、お肌に優しい美容成分。

いちゃいちゃお風呂タイムの後は、しっとりすべすべになっているかも?!

でもすべての肌に合うとは限らないので、ピリピリするなど、少しでも肌に異常を感じたら、使用を中止してくださいね。

お風呂にバススライムを入れるとどうなる?

実際にお風呂にバススライムを入れてみたところをレポートします。

バススライムは200Lのお湯に対して1本を使用します。

ちなみに我が家の浴槽は、満杯状態で260L、水位70%で160L。

半身浴用に、足部分が少し高いステップになっている浴槽です。

※一般的な浴槽は水位70%で180L程度

この浴槽にバススライムを入れていきますね。

用意するもの

今回、バススライムのローション風呂を楽しむために用意したのは以下です。

  • バススライム ワイルドローズ 1 本
  • サイリウム 黄色・青色 各1本
  • ジッパー袋 1袋

バススライム以外はおまけです。より楽しめるように、応用編として用意してみました。

バススライム投入前の下準備

バススライムでいちゃいちゃぬるぬるタイムを楽しむためには、下準備が重要です。

これを怠ると「お湯がぬるすぎて寒い…」「全然ぬるぬるしない…」という事態になってしまいますので、下準備はしっかりと!

といっても、まったく難しくありません。以下の2つだけ抑えておいてください。

  • ① お湯は42度で沸かす
  • ② 浴槽にお湯を溜めている段階からバススライムをボトルごと浴槽に入れておく

それぞれ、詳しく説明しますね。

  • お湯は42度で沸かす

バススライムのパッケージには「追い炊き禁止」の注意書きがあります。

ローションの粘性が追い炊きの機械に影響してしまうからでしょう。

なので、追い炊きをせずに済むよう、「42度」くらいに設定してお湯を溜めてください。

熱すぎない?と思われるかもしれませんが、大丈夫!

バススライムを溶かしているうちに大体38~40度に下がっています。ちょっと少なめにお湯を溜めておいて、後からシャワーで水やお湯を足して調節するのもおすすめ!

私は暑かったので38度で溜めてみたところ、真夏でもぬるすぎました…

  • 浴槽にお湯を溜めている段階からバススライムをボトルごと浴槽に入れておく

バススライムは常温の状態だとぬるぬる成分が固まって沈殿しています。

よく振り、温かいお湯に入れることで徐々に溶けていくのですが、けっこう時間がかかるのです。

なので、少しでも早くいちゃいちゃタイムが楽しめるように、お湯を張っている段階から『ボトルごと』浴槽に入れておきましょう。

42度の熱い湯で溜めると、溜めている最中に溶けやすくなりますよ!

大事なのは『ボトルごと』入れること。

最近のお風呂は自動で湧くものが多いので、給湯設備が故障しないように溜めている最中はボトルにいれたままにしておく必要があります。

バススライムをお風呂に投入

下準備も終わり、いよいよバススライムを浴槽に投入!

パッケージを開けて、ドボドボドボ…。

開封前によく振ったつもりでしたが、まだ底に沈殿していました。

ボトルにお湯を入れてまたよく振って、ドボドボドボ…を繰り返します。

ボトルが空になったところで、浴槽全体を腕でかき回していきます。

しっかり混ぜたいので、底から掬い上げるように攪拌。

むむ、沈殿物がたくさん沈んでいます。

ぶよぶよとした白い塊がたくさん!

お湯をちゃんと42度で湧かさなかったせいでしょうか…。手をこすり合わせるようにして、塊を地道に潰していきます。

 

ぬるぬる、ぎゅっぎゅ…。

ぶよぶよとした感触がちょっと気持ちいいです。

10分ほど続けていると、だいぶ白い塊も少なくなり、お湯がとろりとしてきました。

糸を引いているのがわかるでしょうか。

この時点で、さらさらした安物のローションくらいにはなっています。

だがまだまだ!

バススライムの底力はこんなものではありません!

浴槽の底を探ると、以下画像のようなどろっとしたのが残っているので、これも溶かしていくことにします。

さらに10分経過で、塊はこれくらいになりました。↓

ずっと浴槽に手を入れていたので、赤くなっていますね…。

お湯はというと、かなり粘度の高いローションくらいの感触です!

 

ぬるーり。

おおお、これならもういちゃいちゃできそう!

 

まだ塊が少々残っていますが、むしろそれは残しておくことをおすすめします。どろっとした塊を彼氏の腕や脚、いっそオティン〇ィン(以下、棒)に擦り付けるようにして潰していけば、ムードを盛り上げるスキンシップになりますよ!

ちなみに、透明度はこれくらい。以下画像は手のひらを浴槽に対して垂直に立てた状態です。

底の方はほとんど見えませんよね。

なので、「座ったときのお腹の段が気になる…」という方でも安心です!

バススライムの使用感は?

気になるバススライムの使用感…。

入浴直前は『粘度高めのローション』でしたが、入浴から10分ほど経ったあたりで大きな変化がありました。

かなりお湯が固くなってきたのです!

これは『いい意味で』です。

ローションよりも固い粘度のお湯は、まるっきり『スライム』です。

ねっとりと指や体に絡みついて、摩擦係数はゼロ。

バススライムのお風呂に入った状態で乳首を摘まむと、こりっこりっと指の間から逃げていきます。

ううーん、普通のローションより気持ちいい…。

おっぱいがぬるぬるふよふよする感触が面白いらしく、バススライムで遊んでいるときはパートナーもいつもより長い時間、胸を弄っていました。乳首が感じる相手だったら、お互いに向き合って、乳首をこすり付けあうのもイイですよ♪

通常のローションと違って乾かないので、「あっ、ローション足すね」などとムードを壊さずに延々とぬるぬるできます。

敏感な方なら、乳首でイく、なんてこともあるでしょうね~。

 

男性の棒をぬるぬるしてあげるのも、もちろんおすすめ。

最初は腕やふくらはぎなどを「すごいとろとろだね」などと言いながら、ぬるーり、ぬるーりと触り…。

焦れてきたあたりで、棒の先端を手のひらで軽―く包み込んでくるくる回してあげましょう。

イかないように、そっとね。

きっと声を上げて喜んでくれるはずです。

興奮してきたら、パートナーに跨って、スマタをするのも気持ちいいですよ!

クリを棒に擦り付けてみたり、ぷにぷにの陰唇で棒をしごいてみたり…

ローション風呂ならではの楽しみ方をしてみてください♡

でもスマタをする時には注意することもあります。

それはまた「バススライムでラブラブ入浴の意外な注意点」の項でお伝えしますね。

バススライム応用編

もっとバススライムを楽しみたい!という方に、応用編をご紹介します。

詳しくご紹介しますので、ぜひ検討してみてくださいね。

サイリウム風呂にしてみよう

お風呂の充実したラブホテルだと、浴槽が光ってムードを盛り上げてくれたりしますよね。

それを普通のお風呂でも楽しめるのが、サイリウムです。用意するものは「サイリウム」「ジッパーバッグ」の2つだけ。

サイリウムは様々な色が100円均一ショップで買えますので、お好みのものを選んでみてください。

今回は、黄色と青色を用意してみました。

ますはバススライム風呂を用意した状態にしてください。

サイリウムをぱきっと折ると光り始めますので、ジッパーバッグに入れます。

ジッパーバッグに入れるのは、万が一の液漏れ時に肌につかないようにするため。

せっかくのラブラブタイムなのでトラブルなく楽しみましょう。

そしてサイリウム入りのジッパーバッグにお湯を入れて、浴槽に沈めてください。

まずは青色。

サイリウムが浴槽の底に沈むと…こんな感じ!

濃いブルーが幻想的で綺麗ですねー!

下から光で照らされる分、肌のシルエットも浮かび上がります。

次に、黄色。

これも爽やかでいい!

バススライムの『ゆず』の香りは黄色に合いそうです。

香りに合わせて色を選ぶのも楽しいですよね。

なお、青と黄色を同時に入れると『白』になります。

動いてジッパーバッグが揺れる度に白→黄→青…とお湯の色が変化するので、よりいっそう、ロマンチックなムードが高まりますよ!

バススライムでラブラブ入浴の意外な注意点

いちゃいちゃ楽しい、バススライムでの入浴。

声を大にしておすすめしたいのですが、しかし絶対に注意していただきたい点があります。

それは……

すっごく挿れたくなってしまう!

ということ。

ぬるぬるいちゃいちゃ…ムードとともに興奮が高まっていって、「ああ、もうはやく挿れてっ!」となってしまうんです…!

もちろん、パートナー側も同じ。

挿れたくて挿れたくて、たまらなくなることでしょう。

バススライムを使うとムードが高まるけど挿入はだめ

挿れたくなっても、膣への挿入は厳禁です。

浴槽の湯というのは、よっぽど綺麗にしていない限り、雑菌がたくさん繁殖しています。

不特定多数が入るホテルのお風呂などは、特に危険。

膣口周辺であれば、自浄作用が働いてオリモノなどと一緒に流れてしまうのですが、挿入となると棒が膣を押し広げ、奥までお湯が入ってしまうことに…。

膣内に菌が入ると炎症を起こしたりしてしまいます。

もちろん、妊娠を望まない場合も浴槽の中での挿入は避けましょう。

コンドームをつけていてもNG。

コンドームは水に弱いので、水中での利用は破ける可能性があります。

挿れたくなってしまう気持ちはどうしようもないのですが、ローション風呂で実際に挿れてみると、摩擦がなさすぎて実はあまり気持ちよくありません。

がっかりするよりは、入浴中は焦らして焦らして、もう爆発しそう!というところでお風呂から上がり、思う存分ベッドで燃え上がる方がずっと気持ちいいですよ♪

バススライムの後始末

楽しいバススライム。

ラブラブ入浴を思いっきり楽しんだ後の掃除についてお伝えします。

バススライムの掃除方法

バススライムのぬるぬる成分の中には油分が含まれています。

お湯で流すだけではこの油分が残ってしまうので、しっかりバススライムを流した後は必ず泡立てた洗剤でこすり洗いをしましょう。

バススライムをホテルで使うときは

ラブホテル等でも、必ず自分たちで掃除してからチェックアウトしてください。

バス洗剤がないホテルなどで利用する際には、シャンプーやボディーソープでも綺麗になります。

もちろん、使い過ぎはマナー違反!

きちんと泡立てれば、1~2プッシュで十分です。

使用済みのアメニティのボディスポンジなどを使うと洗いやすいですよ!

バススライムでラブラブ入浴を楽しもう!

暑~い夏、ぬるいお湯でえっちな水遊び。

体が冷え切る寒~い冬には、体を温めながらいちゃいちゃ。

春秋には、ラブホテルの露天風呂で開放的に!

バススライムを使ったローション風呂は一年を通して楽しめる、コスパ抜群のラブグッズです!

最近少しマンネリ…という方はぜひ、バススライムをぜひ試してみてくださいね♪