やめられない甘いものやお酒をやめる方法 禁酒の効果やメリットは?

kinsyu-1

冬になると、食べ物がおいしく、ついつい食べ過ぎて太っちゃいますよね。

整体師的には冬は脂肪を蓄えて忍耐力や感性を豊かにする時期なので、食べ物がおいしく感じることも、寒くて布団から起き上がれないことも、季節の身体の変化を感じてうれしく思ってしまいます。

さて、最近、俳優、音楽家、作家など多方面で活躍する星野源さんが話題ですよね。

彼は「クレイジーキャッツ」という谷啓さんや植木等さんが所属していたバンドにとっても影響を受けたそうです。

代表作に「スーダラ節」という、「わかっちゃいるけどやめられない」というセリフで、有名な歌があります。

「わかっちゃいるけどやめられない」のは、身体がとっても快感を感じている証拠です。

今回は「わかっちゃいるけどやめられない」ことをやめる方法を一緒に考えてみましょう。

甘いものなどを偏食する

甘いもの、辛いもの、炭酸飲料、缶コーヒー。

刺激物は私も大好きです。不健康万歳の気持ちもわかります。

しかし、もし、機会があれば、一旦、倍ぐらいの価格のオーガニックの同製品を食べてみることをお勧めします。ケミカルなしの食材の味は、とっても新鮮で、同じ食べ物なのかと思うくらい、異なった味わいがあります。次に食べた時にはおそらく、ケミカルな味がして食べにくかったり、深みがなくて物足りないと感じることでしょう。

 

また、甘いものを食べると幸せになる、という癖がついているならば、実はそれは低血糖症かも知れません。

血糖値とは血液に含まれる糖分の量で、低血糖症は、普段の状態の血糖値が低く、活動が低下している状態です。

最近話に聞く機会が増えてきましたが、砂糖にも麻薬的な中毒性があり、砂糖で血糖値をあげて活動する癖がつくと、砂糖を取らないとものすごく体が重くて活動できないようになってしまいます。朝起きれなかったり、一日部屋にいて夜活動する昼夜逆転の生活は、実は食生活の乱れで自分で活動するエネルギーを蓄えることが出来ない身体になっているのです。

偏食などの食べ物の「わかっちゃいるけどやめられない」、のは、徐々に食生活の改善から始めましょう。

 

リンゴやバナナなど、また、おにぎりなど、添加物の少ない非加工食品を摂ると、身体が刺激物がなくても神経伝達物質やホルモンを出せるようになります。

健康的に美しくなるためにも、徐々に治していきましょうね。

夜更かし

まず、体内リズムが乱れているために眠くならない、自律神経失調症の可能性と、寝つきが浅かったり、眠りに入りにくい不眠症の可能性があります。

どちらにも言えるのが、1日の中でPCやスマホなどの画面をみる時間が多いこと。また、眠る前に十分眠る準備として何も考えないでゆっくりする時間があまりないことなのではないでしょうか。

仕事に行く時間がバラバラだったり、夜遅くまで仕事や考え事をする必要があったり、いろいろ外的条件はあるかもしれませんが、睡眠は自分のためにも、仕事のためにも大切な心身の回復時間です。睡眠のための準備時間をつくり、ストレッチやスキンケア、ティータイムなど、自分のために時間を使う習慣を付けましょう。

寝る2時間前にはスマホオフ。PCオフで過ごしましょう。次の日の予定や勉強で画面を使わないで出来る範囲のことは、紙に書き出したり、アナログで行いましょう。寝つきが違いますよ。

寝坊、遅刻

起きられないという寝坊は、先ほど述べた低血糖症や不眠症、自律神経失調症で思考力や身体の目覚める機能が低下している可能性があります。

また、目覚ましをかけ忘れたり、時間を忘れてしまう場合はADHDのような、予定を立てられない生まれ持った性質が出てきている可能性があります。

 

私の知り合いでIQ100以下の、生まれつき頭の回転が遅い、大学の先生がいます。彼女は段取りを上手く立ててから行動したり、毎回忘れ物をしないように指さし確認のように、財布、鍵、携帯、上着などを確認する癖をつけています。

私も持ち物や服装は出来るだけ前日に準備をしておき、約束時間から目的地へ出発する時間を割り出したら、その1時間前には準備が完了できているように心掛けています。

学生時代修学旅行や遠足で、持ち物リストを作ったり予定を立てて早めに行動したことを思い出して、早めに行ってみましょう。

 

アルコールを飲みすぎてしまうこと

アルコールは娯楽として、気晴らしとして世界中で愛されていますが、飲めば飲むほど、お金がかかり、なかなかお金が溜まらなくなりますよね。

また、飲みに行くと、アルコールで楽しくなって、時間があっという間に過ぎて、そこで1日が終わってしまいます。

アルコールを脱するためには、人生の目標を見つけましょう。

自分はアルコールを飲んで何がしたいのでしょうか?

どうして飲みたいのか、飲まないといけない何かがあるのか、向き合ってみましょう。

私もアルコールが好きでしたが、アルコールを飲まないと楽しくなれなくなった時に、「アルコールが入る時だけ楽しい人とは、飲まないで付き合うのは難しいよね、飲まなくても楽しい人と一緒にいたいよね」ということに気づき、お酒をやめることにしました。

飲んでいる時に仲良くしてくれる人は、夢の世界の住人です。

飲まない状態で仲の良い友人や仕事仲間を作れるよう、生活を改善しましょう。

 

また、あなたが飲んでいる間に仕事をしていたり資格試験の勉強や課外活動で世界を広げている、努力している人たちを思い浮かべましょう。

時間の使い方だけでも先ずは今と違う人生を送る方向に変えてみましょう。

2,3時間の飲みの時間とお金は莫大な損失です。

もっと周りを見渡せば、いろんなことにチャレンジできますよ。

貴方の人生にふさわしい人間関係や仕事を手に入れて、魅力的な人間になりましょう。

 

遊びしてしまうこと

セックス依存症や、男性依存症の可能性があります。

アルコールとどうように、なぜ自分がそれをしたいのか考えてみましょう。

画像データが残ったり、SNSなどでのやり取りが残ったりすると、一生の心配の種になる場合があるので、将来の心穏やかな生活のために不用意な冒険はほどほどにしましょう。

まとめ

どう生きてもいい人生ですが、「わかっちゃいるけどやめられない」ことを乗り越えると、さらに素敵な人間関係が待っていますよ。