女子の特権!下着で気分を変えちゃおう

59

こんにちは。整体師、モデル業をしております、エリカです。

女子の下着って、色々な種類があって、見ているだけでも楽しいですよね。

気分によって下着の形を変えて、性生活を楽しんじゃいましょう!

下着の種類

1. セットブラ

ブラジャーとパンティがセットになったものです。日本では最も一般的な下着です。

AV女優さんが着用している下着はほぼこれです。衣料品店や専門店で購入できます。

私は黒系と赤系と水色と紺色と紫色とシルバーグレーを使い分けています。

普段はオーダーメイドのオーガニックコットンでノンワイヤーの下着をつけているので、洋服を綺麗に着たいときに着用しています。

2. Tバック

お尻の間に紐があるときゅっとお尻が引き締まって気分が上がりますよね。

専門店だと、セットブラと一緒に同じ柄のTバックも売っていて、気分に合わせて選べます。

3. 総レース

深めのパンティで、全てがレース地で透けています。

海外で、初めて知った形のパンティですが、お尻の形が際立ってとても可愛いです。上はブラがあるとちぐはぐになるので、ノーブラで行きましょう。

4. 股あきパンティ

アダルトショップなどで売っている、穿いたまま性器をまさぐれるエロい一品です。

通販で「セクシー下着」などと検索すると、ネグリジェとセットで売っています。夜の室内向けの服装です。

5. ふんどし

実は私の一押しです。最近は可愛いふんどしが通販などで購入できるようになりました。

私は2011年にふんどしを愛用している一家に出会い、「リンパが圧迫されないので健康になるし、フットワークが軽くなるよ」と勧められ、着用を初めて4年目です。

ふんどしの最大のメリットは「経血コントロール」ができることです

日本古来の下着、ふんどしはどこがいいのでしょうか?

360°圧迫がなくなったので、股関節が柔らかくなったこと、リンパの働きがよくなり、風邪をひかなくなったこと、などいいことがたくさんあったのですが、3年目して気づいたことは、経血コントロールできるようになったことでした。

経血コントロールとは、生理が来た時の経血を、トイレの時だけ出せるようになるという技です。

ふんどしは、パンティのように布が密着していないので、ナプキンを付けることができません。

私も始めは生理の時だけパンティを使用していましたが、昔の人は生理になった時に綿を丸めたものを性器にあて、トイレで経血を出していたという話を聞き、トイレットペーパーを丸めてやってみたらできるようになりました。

生理の時の、経血の出る感覚がじわっと「おもらし」のようにわかります。

女子特有の、起きたらシーツとパジャマが血で汚れていて、時間がないのに、下着とパジャマを水洗いしなければならない朝とおさらばできたのです。

 

2,3年で自然とできるようになると思えば、経血コントロールを意識してみる価値はあると思います。

何より、かわいいパンティが汚れなくて済むので、最高です。

ふんどしに変えなくても意識から始められると思うので、やってみてくださいね。

今日も良い一日を祈っています。